コロナ禍で転職するメリット・デメリット

2021年4月21日 コメント 0件

このコロナ禍の影響を受け、多くの企業が働き方や採用活動を見直してきました。

在宅勤務やテレワークを導入したり、オンラインによる面接活動を行ったり、これまで必要とされてきた「直接コンタクト」の必要性が大幅に見直されつつあります。

これらの見直しは、同時に不要な打合せや会議を削減し、そもそも無駄であった業務や非効率的な作業を省くということにも繋がっています。

こういった世の中の動向を受けて、各企業の採用状況はどのようになっているのでしょうか?採用人数を抑えている傾向にあるのでしょうか?

もちろん業界によっては新たな人材に投資できないという企業もあるのは事実ですが、IT・通信業界においては、様々な企業の業務改革、行政のIT導入や官公庁案件の増加で、それが求人にも反映されています。なので、DX(デジタルトランスフォーメーション)、5G(第5世代移動通信システム)、テレワークやオンラインサービスの拡大を支えるインフラ系エンジニアのニーズは更に高まっていく見込みです。
今、転職を考えている方には、これらの事実は無視できないことだと考えます。コロナ禍で転職するメリット・デメリットを見ていきましょう。

1.メリット

在宅勤務を活かせる

まず、在宅勤務でない場合、そもそも転職活動に割く時間を十分に確保できず、退職してから本格的に取り組まざるを得ないという可能性がありました。今はオンライン面談や面接も主流となっていますので、自宅で働きつつ、隙間時間を見つけて、履歴書を作成したり、面談や面接に臨んだりすることができます。何より、既に職があるということで、「面談や面接に失敗しても全く問題ない」と安心して転職活動に臨むことができます。

これまでと違う視点で物事を考えられる

コロナの影響を受け、求人を出している業界や求められるスキルなどが変わってきています。自分に何ができるか、何が自分の強みなのか、そして今後どうしていきたいかを深く考えることで、今まで考えてもみなかった業界や新しい取り組みにチャレンジできる可能性があります。今までは終身雇用が常識の世界ではありましたが、アフターコロナでは状況が一変し、高い専門性を求められることや、営業の経験に加え、データ分析の経験もある等、他の人が持っていないような”違い”を生み出せる人が転職活動において優位になっていくのは間違いないでしょう。

ITエンジニアという選択肢

先にも触れたとおり、インフラ系エンジニアの需要は高まっています。何か新しいチャレンジがしたい、今後企業に依存しない働き方がしたいという方にはこの選択肢はかなり良いのではないでしょうか?もちろんスキルを高めるため、職業訓練を受けたり、スクールに通ったり、自己研鑽に励んだりと、生ぬるい環境ではなく厳しい環境が待っていることは事実です。それでも、将来の自らの市場価値を高める、自らの力で仕事を勝ち取っていくためと考えれば自ずと進んで取り組むことができるのではないでしょうか。

2.デメリット

競争率が高い

IT・通信業界は比較的縮小していない方ですが、一般的に転職市場は縮小気味です。それにもかかわらず、応募者は増えている状況ですので、競争倍率はコロナ前に比べると高まっている状況です。。

なので他の人に比べて魅力的な経歴であったり、飛び抜けたスキルがあったりする人でなければ厳しいというのも事実です。

そんな状況でお勧めの就職探しが以下2つです。

  • Wantedly
  • Enger freelance

 

・Wantedly

主にITベンチャー企業を中心に探すことができ、希望ポジションを登録することで、そのポジションを求めている企業がズラッと出てくるシステム。

気になった企業を簡単にチェックでき、カジュアル面談までアポを取りやすい。採用担当者とダイレクトにメッセージのやり取りができる可能性も高いので、スピード感を持って就活をすることができるのがメリットです。逆に、給与や待遇など明記されておらず、そこは実際にやり取りの中で確認しなけれなりません。

・ENGER freelance (エンジャー フリーランス)

フリーランスとして活動するなら、登録必須といっても過言ではないくらい仕事探しが楽になるサービスがエージェントサービスです。
エージェントサービスは、以下のような様々な条件をヒアリングしてくれます。

  • 希望する職種
  • 働く環境
  • 収入
  • 使用したい言語 等々

特にこちらのエージェントサービスは、IT業界に特化しているため、実際にプログラマーを育成したり他社へ技術サポートとしている実績があり、企業と働き手のミスマッチを減らしてくれるため、より自分に合った会社を選択することが可能です!

ENGER freelance (エンジャー フリーランス)

しかし、基本的に企業が求めているのは「ITエンジニア」としての即戦力です。独学ベースやスクール等に通っただけの経験では弱く、実際に手掛けた作品・成果物の提示が必要だったり、数年の実務経験が必要とされたりするケースがほとんどです。

給料が下がってしまう可能性がある

ここは転職するにあたって避けられない事実です。

しかし、これは最初の内ということであって、その後の自分の努力次第で、新たなスキルを習得したり、今まで身に付いていなかった知見を手に入れたり、自身の市場価値を高めることで、給料アップやより待遇面の良い会社へのステップアップが見込めるでしょう。

まとめ

結局のところ、あらゆる選択にメリット・デメリットはつきものです。

自分自身が本当に力を入れていきたい、時間をかけてやっていきたいことを見つけることにフォーカスすることをお勧めいたします!!