2021年版!IT勉強会を探す定番サイト2選!!

2021年4月12日 コメント 0件
ITエンジニアなら誰しも一度は参加を考えたことがある勉強会。
今回はそんな勉強会を探すための外すことができない定番サイトを2選ご紹介していきます。
勉強会に参加したいけどどれに参加すればいいか分からないという方や勉強会に参加したけど想像していた勉強会が見つからないという方は参考になると思うので、是非読んでみてください!
<本記事でわかること>
・理想の勉強会の探し方
・勉強会の思わぬ落とし穴
・IT勉強会の検索サイト

目次

1.勉強会の種類と目的

2.参加するうえでの注意点

3.検索サイト2選!

1.勉強会の種類と目的

勉強会に参加しようと思っても実際にどんなことをしているのか不思議に思ったことはありませんか?
IT知識を学習する場というのはもちろんですが、実は勉強会には大きく分けて3つの種類があります。

勉強会の種類と目的

1.セミナー型の勉強会勉強会のテーマについて専門の講師の方が講演を行ってくれます。基本的には聞く体制でそれを聞きながらスキルアップをしていきます。
2.実践型の勉強会実践型の勉強会は聞くだけではなく実際に自分で手を動かしながら学習ができます。ワークシップ型ともいわれ一番実践的なので一番効率的に学習できます。
3.勉強会兼交流会これは交流会もしながら、IT知識に関するテーマをもとに話し合ったり教えてもらったりする形式で様々な方と交流できるため知識だけでなくエンジニアとしてのコミュニティも広げることができるので、フリーランスの方に特におすすめします。

2.参加するうえでの注意点

2-1勉強会によっては準備が必要

2-2思っていた勉強会と違う

2-1勉強会によっては準備が必要

勉強会によっては、準備が必要なことがあります。
例えば、参加費や指定のPC、ソフトの準備など様々です。
費用に関しては、無料のものももちろんありますがより内容の濃い勉強会になると数千円~高いもので数万円という勉強会もあります。

指定のソフトがない状態で参加するとせっかく習得できるスキルも習得できないなんてこともあるため指定されたものは必ず用意していきましょう。

2-2思っていた勉強会と違う

想像と違った勉強会だったというのは意外とよくあることです。
時間の調整から参加費、準備するものも準備したのに想像と違うとなるとかなり工数を無駄にしてしまいます。

そうならないためにも参加申請を出す前に、勉強会を開催している方の情報やレビューなどもあれば確認して文字だけでもできるだけ雰囲気などはつかんでから参加申請を出すようにすると「想像と違う!」と思う確率は減らすことができます。

ただし、下調べをしても想像と違う勉強会にあたることはあると思います。
そんな工数増やすならとりあえず参加してみたい!という方はそれでもいいと思います。

大切なのは学ぶ姿勢なので、その点を大切に日々学習していきましょう!!

3.検索サイト2選!

それでは実際に勉強会に参加するために使用してほしいサイト2つをご紹介していきます。

3-1 TECH PLAY

一つ目のお勧めサイトは「TECH PLAY」というサイトです。

お勧めのポイントは下記の3点です。
・TECH PLAYに登録されているイベントをカレンダーから探すことができる
・タグ一覧から学びたい言語や分野がピンポイントで検索できる
・登録すると自分が興味のある分野の勉強会情報をメールで得ることができる

また、会員登録しなくてもどんな勉強会があるのか検索できるため勉強会に興味がある方はとりあえず見てみてもいいかもしれません。

3-2 CONNPASS

もう一つのサイトは「CONNPASS」というサイトです。

このサイトのおすすめポイントは下記の3点になります。

・具体的にどんな勉強会があるのか登録しなくても見ることができる
・無料の勉強会の数が多い
・iPhone向けのみですがアプリもあるので手軽にチェックできる。
 イベント日のプッシュ通知、イベントまでのマップが使えたりします

CONNPASSも会員登録しなくても閲覧できるため勉強会に興味がある方はとりあえず探してみることをお勧めします!
また、無料で参加できるものもあるため無料で興味が出た勉強会は参加してみるといいかもしれません。

まとめ

勉強会に参加したいけどどれに参加すればいいか分からないという方や勉強会に参加したけど想像していた勉強会が見つからないという方に向けて、
勉強会の目的や種類、検索サイトのご紹介をしてきました。
この記事をきっかけに勉強会へ参加してスキルアップもしてもらえることを望んでいます!

地道ではありますがコツコツと努力をして、立派なエンジニアを目指していきましょう!